女性はりきゅう師から見える不思議な世界

ツボに乗る

鍼灸院の風景

はじめまして!札幌の鍼灸師るるです。

投稿日:

はじめまして、札幌の快気堂鍼灸院白石の副院長、鍼灸師(しんきゅうし)の須藤るると申します。

鍼灸

あまりにもマイナーなので(笑)、はりきゅうってこんな感じですよー、こういうことに効きますよーって

知ってもらえたらいいな、と書いていきたいと思います。

【鍼灸ってなに?鍼灸師って?】

鍼灸(しんきゅう)と読みます。

「はりきゅう」とも読みます。

鍼灸院は、「はり」や「お灸」をして、体の不調を治療するところです。

実は,あまり知られてませんが国家資格です。

専門学校に3年通って、国家試験に合格して晴れて、鍼灸師となります。

そして、実は、もっともっと知られてませんが、鍼灸師って「はり」と「灸」がそれぞれ別資格なんです。

鍼灸師と書きますが本来は「はり師・灸師」のダブル免許。

受験内容が大体かぶっているので、同時受験するのが基本です。

3年間で、西洋医学と東洋医学と両方勉強するんですよ。とほほ。

北海道で一番の大学の医学部で解剖学を教えている先生が、「医学部なら、2倍の時間をかけてこの量を勉強するよ。大変だね」という程の

ハイペースで進んでいきます。

テストに追われた3年間でした。

【鍼灸院と足つぼマッサージ店などの違い】

さて、そんな鍼灸院ですが、皆さんから見て「タイ式マッサージ」「足つぼマッサージ」、「美容整体」、「腰痛整体」「骨盤矯正」「もみほぐし」「リンパマッサージ」「カイロプラクティック」「アロママッサージ」などと、同じジャンルになっているのではないかなーと思います。

北海道では、「病院」に行くほどじゃない不調なとき、疲れたとき、リラックスしたいときに行くイメージでしょうか。

実は大きな違いがあるんです。

上記の「いわゆるマッサージ屋さん」達は,無資格、私達は国家資格です。

マッサージは本来は国家資格がないとできません。けれども、タイ式〜、足つぼ〜など付けることによって法の抜け道を利用して、無資格でもお店を持つことができてしまうのです。

いわゆる」とつけたのは、本来のマッサージ屋さんではないからです。

無資格って専門的勉強も経験がなくても「今日からわたしは、足つぼ屋さんです!」と名乗っていいんです。

もちろん沢山勉強して,経験を積まれた素晴らしい施術者も沢山いらっしゃいますが、家族や友達にマッサージ上手いね!って言われたあなたのご家族が

明日から「マッサージ屋さん」としてデビュー開業してもOKなんです。

実際、鍼灸のクラスメートは骨をポキポキ鳴らすカイロプラクティックで研修2週間でデビューでした彼も最初は怖かったと言っていました。

ちょっと施術される側としては、ドキドキする話ですよね。

【いまどき広告NG 鍼灸が知られていない理由】

そして、さらにもうひとつ、重要な違いが、無資格な故に広告、宣伝どれだけしてもOKなんです。

鍼灸の知名度の低さに、この違いがものすっごく大きく関わっているんじゃないかと、個人的にとても思っています。

ありますよね?

「60分 もみほぐし4980円」とか、「骨盤矯正60分 初回5千円」とか。

わたしたちは、法律で広告してはいけないと決められています。

「え???? 民間なのに広告してはいけない仕事???」

私達が、公にだしていいことは、「治療院名前、場所、診療時間、駐車場有無、」

「え????????」

このすごい情報社会に

「何を治してくれるところかわからないところに行く人いるの??」

「値段や、時間わからなくて、行く人なんかいるの????」

「施術される人の経歴や、顔ぐらい知りたいなー。」

病院だって、○○胃腸科、■■皮膚科、▲心療内科クリニックと看板があって、それをみて、「虫刺されがひどく腫れたから、あの皮膚科に行ってみよう」と思うのに、わたしたちの看板は「治療院名前、場所、診療時間、駐車場有無」。。。

診療時間のぞけば、個人宅の情報かと思うぐらい情報量がないですよね。

どうやって知ってもらえばいいんでしょう。。

【知ってるとお得な鍼灸事情】

鍼灸って実は、できることすごく沢山あるんです。

副作用もほぼなく、病院では難しいね、っていう症状に対応できる。

肩コリや、腰痛のイメージがあるかもしれませんが

突発性難聴」や、「生理痛」や、「整形外科では骨に問題ないから湿布しか出ないけど痛い」なんていうものにも効果があります。

なのに、知られてない。。。それにはこんな背景があります。。

HPはギリギリ,見たい人が探して見に行くものだから、と内容制限がないので、初めて、HPで金額や、施術内容や、どんな人がやっているのかがわかります

(ちなみに快気堂鍼灸院白石はこちらです

そんな感じで、なかなか「これ良さそう!」と目にとまることの少ない鍼灸なので、地道に発信していこうと思います。

たまたま目にとまって読んで下さった方の周りの友達や、家族や会社の人が「病院では原因が分からないんだけど、不調なんだよね」とか

西洋医学より鍼灸が向いている症状で、西洋医学のみでは改善が遅くて困っていた時に、

「わたし、そういえば、ネットで鍼灸っていいってみたことあるよ」って

頭の片隅にでも残っていただけたらなーと思って、はりきゅうの専門家として、2人の子の母として、書いていきたいなーと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

-鍼灸院の風景
-

Copyright© ツボに乗る , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.